3Dプリンターでモデリングデータを作成|使う目的とその利点

男性と女性

貴重な資料は保存が重要

ラミネーター

貴重な会議資料などを長時間保存するアイテムとしてラミネートがあります。ラミネートは会議資料にほこりなどが付いたり、画像が色あせしないようにするために貼り付けるフィルムです。身近なものとして会員証や診察券などにもラミネートが使用されており、日常生活においても欠かせない存在となっています。一昔前まではフィルムの貼付作業にはある程度のスキルが求められていました。しかし、現在では機械の導入により、誰でも簡単にフィルムの貼付作業が出来るようになってきたのです。また、作業にかかる費用も比較的安価となっています。手軽さと安価さが相まって、ラミネートは今ではコストカットを進める多くの企業で利用するアイテムとなっています。

貴重な会議資料などをラミネートによって末永く保存する動きがありますが、ラミネートを使用するに当たってはいくつかの注意点があります。まず写真をラミネートする際は、ラミネーターを低温設定にして貼付作業を実施することです。高温設定で貼付作業を実施しますと写真の性質上、焼けたり変色したりする場合がありますので注意が必要です。また、ラミネートしたものにシワが付いた場合は、重しを2,3日置いて措置をすれば改善する場合があります。このとき、シワをのばすために、ラミネートにアイロンをかけるのは大変危険です。ラミネートフィルムが熱で溶けてアイロンにくっついて、場合によっては燃えることもありますので十分に注意して下さい。